NO.29 巨岩「天狗岩」(引土)  【舞鶴の名所旧跡】

NO.29 巨岩「天狗岩」(引土)  【舞鶴の名所旧跡】

投稿日時:2015年9月30日

02013
02014

高野川にかかる茶臼山橋を渡ると、南北に愛宕山へ山麓が続く。思い切って半田焼きがあった正面の引土小田のコースから一路、「天狗岩」をめざすことにした。段々の山畑に沿って山頂へ向かうと、やがて3尺ほどの狭い山道に。さらに生い茂るやぶをかき分けて登って行けば、中腹の平地に辿り着く。そこでホッと一息を入れたその時、5メートルもある巨大な岩を見つけた!岩は幾つも重なり合って点在し、中には10メートルもの巨岩が渓の方向にそそり立っている・・・。まさに、これが「天狗岩」の巨岩群である。岩に登るとさすが江戸時代の絵図にある景勝地。眼下に西舞鶴高校。遠くは五老岳から青葉山、弥仙山の姿も眺望できる。また、付近には五世紀ごろの古墳もあり、田辺藩にまつわる小男稲荷もこの小社に祀られていたという。されど、この天狗岩!名前こそ知っていても実物を見た人は今は少ない。見事な「巨岩」だけに「ふるさと再開発」が待たれる名勝地かも。(註 天狗岩は標高百数十メートルのところにあり、登ると30~40分くらいかかります。道が埋まっているため登るのは無理と思われます)