NO.2 カヤ(榧)の大樹(鹿原の金剛院) 【舞鶴の名所旧跡】

NO.2 カヤ(榧)の大樹(鹿原の金剛院) 【舞鶴の名所旧跡】

投稿日時:2015年9月16日

ma2

machiz2

鹿原の金剛院は、舞鶴市の紅葉の名勝として有名であるが、若葉、青葉につつまれた春の金剛院もまた格別。高岳親王の菩提のため白河天皇が建立したと伝えられ、三重の塔、本堂、雲山閣があり、塔には多くの重要文化財が収蔵されている。緑の境内を散策していると、必ず1本の「カヤ」の大木に出合う。このカヤ(榧)の木は、天長6年(829)高岳親王の御手植えと伝えられ、カヤが1000年は保ち難いことから樹齢700~800年くらいと推定されている。胸高囲5.3メートル、根回り5.7メートル、高さ22メートルで府下では随一の大きさ。もちろん舞鶴市指定文化財に指定。カヤはイチイ科の常緑の高木で、針状の葉が2列に並んでつき、4月ごろ花が咲き、秋には長方形の実がなる。種からは油、材は建築、彫刻、碁盤などの材質に使われる。この地は特に秋の名所ではあるが、秋とは言わず、ぜひカヤの緑と新緑の金剛院にもお出かけを・・・。