NO.1 見事な出来栄え つつじ植栽マーク【舞鶴の名所旧跡】

NO.1 見事な出来栄え つつじ植栽マーク【舞鶴の名所旧跡】

投稿日時:2015年9月16日

ma1

machiz

シーズンともなると赤く映え  市の花「つつじ」の名所として有名な東舞鶴公園は、白鳥通りから丸山へ500メー トルの所に位置し、旧名称を「丸山公園」とも言う。広さは10.7ヘクタール、野球場、テニスコート、陸上競技場なども整備された 広大な総合運動公園。周囲には昭和五十年以来、つつじが植樹され、今日ではヒドラ つつじ、さつき、やまつつじ、おおむらさきなど約25000本で覆われている。その南側の斜面には、つつじで市のマークが描かれ、ひときわ目立つ。直径は10メートルもあり、昭和60年に植栽製作されたもので、シーズンともなると赤く映え て「見事な出来ばえ」である。先ごろは4月下旬から5月にかけて公園一帯が満開となり、訪れる人々の目を楽しませてくれる。「舞鶴つつじまつり」は、毎年5月のゴールデンウィークに開催。多 くの市民が初夏を楽しむ。