若狭・中丹誘客協が提案 ひと肌を感じる出会い作り 観光資源活用トータルプランで最優秀賞 観光客誘致と高速の利用増へ 支援金3,000万円で事業推進【舞鶴】

若狭・中丹誘客協が提案 ひと肌を感じる出会い作り 観光資源活用トータルプランで最優秀賞 観光客誘致と高速の利用増へ 支援金3,000万円で事業推進【舞鶴】

投稿日時:2011年3月4日

1103041
写真=最優秀賞を受賞した若狭・中丹誘客協会員

舞鶴、福知山、綾部市、福井県小浜市、高浜町、おおい町と各観光協会でつくる若狭・中丹広域観光誘客協議会が、第五回「観光資源活用トータルプラン」(財団法人・高速道路交流推進財団主催)に応募して最優秀賞を受賞。このほど、浜の市商工観光センターで受賞報告会を開き、同財団から3年以内のプラン実現を条件に出される計画実施支援金3,000万円を活用して、今後の事業推進について意見を交換した。  観光資源活用トータルプランは、広域的に点在する観光資源を結合して、観光客の増加と高速道路の利用増につながるプランを同財団が公募。今回は全国の44団体から応募があり、1次、2次審査を経て、最優秀賞一点と優秀賞二点が決まった。  若狭・中丹広域観光誘客協議会は、舞鶴若狭自動車道の無料化に伴い、昨年5月に発足。「おでかけドライブマップ」の作成や高速道のサービスエリアで出向宣伝などに取り組んだ。  受賞したプランは、「ひと肌を感じる出会い作り」を事業目標に、地域に伝わる「祭り」や住民の「手作りイベント」の体験観光化、祝いごとのハレの文化の商品化、田舎暮しの誘致を支援、広報、集客、情報発信を行う。  報告会には、同協議会の3市4町の観光担当者や観光協会員ら25人が出席。受賞を喜び合うとともに、事業推進に向けてモデル事業の選定、広報用ホームページの作成、祭りや地域イベントへの参加者募集窓口機能の整備などについて話し合った。