FA福井少年野球クラブ 発足

FA福井少年野球クラブ 発足

投稿日時:2019年3月15日

7812d53d7315edba6ed1478dbc9a97bb-e1552963387785
FA福井少年野球クラブの選手ら

 学童野球チームの「朝来・福井少年野球クラブ」が2月から「FA福井少年野球クラブ」と名前を変え、新チームに生まれ変わった。新キャプテンのもと、2年生から6年生までの10人の選手が心新たに練習に励んでいる。代表の倉内賢一さん(48)は「時代に合わせた形のチームで地元の野球界に貢献していきたい」と意欲を見せる。
 少子化やスポーツの多様化で野球人口が減少するなか、市内の学童野球チームも連合化や休眠化が進んでいる。同クラブは市内全域から野球をしたい学童を集めようと新たに発足。舞鶴野球連盟には所属しない形だが、「近隣チームに馴染めない子や、野球をしたくても出来ない学童に入ってもらいたい」としている。
 選手は前身である「朝来・福井少年野球クラブ」からそのまま残り、朝来、大浦、福井、吉原、明倫など、広域圏からの選手が一致団結している。同クラブは舞鶴学童野球「FTリーグ」でも3年連続優勝を勝ち取る強豪チーム。現在継続中の府内91チームが優勝を争う「京都市長旗選手権天下一品杯」でも1回戦を突破するなど、新チームでもぶれない強さを見せる。
 監督の加藤正さん(54)は「野球の楽しさを知ってもらうと同時に、やるからには勝てるようなチームにしたい」と選手の育成に励む。
 チームを率いる主将の猪野瑛太さん(11)=朝来小5年=は「勝てなくても、元気で楽しく野球ができるチームになりたい。皆をまとめて楽しくプレイできるようにしたい」と笑顔で意気込みを述べた。