市内最高レベルの決戦

市内最高レベルの決戦

投稿日時:2017年8月25日

33e2a42310ff00d20e358ce09fd87a66
一進一退の攻防が続いた一般男子シングル決勝
d1fe88893a9573583dbcc3f1735d3a35
7年連続優勝の時岡さん

 第44回京都府北部オープン卓球選手権大会(舞鶴卓球協会主催)が20日、文化公園体育館で行われた。
 同大会は市で行われる卓球大会の中でも最もレベルの高い大会であり、府北部に加え兵庫、福井、滋賀、奈良からも選手が出場する権威ある大会である。
 およそ200人が参加した同大会。団体、個人戦(一般、高校生など)14部門に分かれ、高レベルな戦いが繰り広げられるなか、当地の選手たちの活躍も光った。
 シックスティ(60歳代)男子シングルスでは市内在住の時岡重信さん(68)が7年連続優勝の記録を打ち出した。昨年11月から今年4月まで肩の調子が悪く、練習が出来なかったという。不安を抱えての挑戦となったが、結果は3-0のストレート勝ちだった。
 「決勝は苦しかった。気を抜いたら負けていた。勝ててうれしい」と笑顔で喜んだ。
 一条クラブの小畑光生さん(49)もフォーティ(40歳代)男子シングルスで優勝。3年連続と華を添えた。「来年からはフィフティ。優勝狙って頑張りたい」と意気込みを見せた。
 4年ぶりに一般男子シングルスを制したのは一条クラブの常塚輝昌さん(36)。「久しぶりに優勝出来てよかった。やり慣れている相手だったが、気合を入れて挑んだ」と感想を述べた。
 試合結果は以下の通り。

【団体戦】
一般男子=①一条クラブA②若狭TTC
同女子=①一条クラブA②チーム綾部
高校以下男子=①福知山成美高校A②若狭高校A
同女子=①若狭高校②福知山成美高校
【個人戦・男子】
一般=①常塚輝昌(一条ク)②大槻満(西京味噌いかる)
フォーティ=①小畑光生(一条ク)②渡邉浩文(日東精工)
フィフティ=①亀井毅志(一条ク)②森政男(綾部卓研)
シックスティ=①時岡重信(舞高ク)②阿部正美(天理ク)
高校=①藤村唯人(大阪桐蔭高校)②千坂雄也(福知山成美高校)
【同・女子】
一般=①植山真実(一条ク)②栫井真弓(同)
フォーティ=①藤本千代美(同)②浅田貴美子(チーム綾部)
フィフティ=①松味弘美(一条ク)②小林久美子(由良川サークル)
シックスティ=①尾﨑澄子(城北ク)②植山みどり(チーム綾部)
高校=①榊原未侑(福知山成美高校)②幡司杏香(同)