8月28、29日に16チームが熱戦 舞鶴リトルシニア野球協会・初の会長杯争奪大会【舞鶴】

8月28、29日に16チームが熱戦 舞鶴リトルシニア野球協会・初の会長杯争奪大会【舞鶴】

投稿日時:2004年8月17日

0408172

 舞鶴リトルシニア野球協会主催、舞鶴市民新聞社など後援の第1回会長杯争奪野球大会が8月28、29日、行永の舞鶴球場などで開催される。中学生の硬式野球チーム、舞鶴リトルシニアをはじめ京都、大阪、兵庫などから16チームが参加して会長杯めざして熱戦を繰り広げる。舞鶴リトルシニア野球協会(村尾利博会長)は、設立5周年を迎えた昨年夏、近府県のリトルシニアのチームを招待して野球大会を開催した。今年は優勝チームに授与する会長杯を新調して、会長杯を争う大会に発展させた。出場チームは、リトルシニア関西と東海、中国の各連盟所属の16チーム。昨年の招待野球大会で優勝した甲子園をはじめ、リトルシニア全国大会出場の奈良、三田、大阪狭山、枚方などの強豪がそろっている。舞鶴リトルシニアは、今年5月のリトルシニア関西・東海友好大会で3位となっており、優勝をねらう。大会は28日午前8時から舞鶴球場で開会式。この後、舞鶴―名東千種で熱戦の幕を開ける。28日は舞鶴球場のほか、高浜中央球場などで1、2回戦、29日に綾部球場で準決勝、決勝戦がある。

写真=優勝チームに授与される会長杯