4都市体育大会冬季大会&府民総体市町村対抗駅伝 両大会での健闘誓い市選手団結団式【舞鶴のニュース】

4都市体育大会冬季大会&府民総体市町村対抗駅伝 両大会での健闘誓い市選手団結団式【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年1月24日

0301242

第51回4都市体育大会冬季大会と第25回府民総体市町村対抗駅伝競走大会に出場する舞鶴市選手団の結団式が1月22日、舞鶴市浜の市政記念館で行われ、選手たちは大会での健闘を誓った。
 選手団は、2月2日に大江スキー場で開催される冬季大会の42人(うち選手33人)と、2月16日に福知山市三段池公園をスタート・ゴール地点に、大江町を折り返すコース(8区間、36キロ)で開催される駅伝競走の29人(うち選手16人)。
 結団式では、市の室一雄助役から選手団団長の桜井義昭・市体育協会副会長に市旗が伝達され、安達渉・市体育協会長が「健闘を期待します」とあいさつ。室助役は「市制60周年の節目の年によい成績を残せるよう、ベストを尽くして頑張ってほしい」と激励した。
 選手を代表して、駅伝競走に出場する松田恵巳子選手が「持てる力を存分に発揮して頑張ります」と決意を述べた。
写真は決意を述べる市町村対抗駅伝に出場する松田選手