1種目で優勝、3種目で準優勝など活躍 京都ホープス以下卓球で一条ク小学生選手【舞鶴】

1種目で優勝、3種目で準優勝など活躍 京都ホープス以下卓球で一条ク小学生選手【舞鶴】

投稿日時:2007年1月12日

0701123

 一条卓球クラブ(小畑喜生代表)の小学生選手たちが1月6日、京都市の府立体育館で行われた平成18年度京都ホープス以下卓球大会で、1種目で優勝、3種目で準優勝するなど活躍した。  同大会には、府内のクラブチームの小学生選手が出場、ホープス(小学6年以下)、カブ(同4年以下)、バンビ(同2年以下)の男女シングルスで優勝を争った。  一条クラブは、女子バンビで藤原雅選手(7)=高野小1年=が優勝したほか、男子ホープスで松田幸大選手(12)=三笠小6年=、同バンビで千坂達也選手(8)=余内小2年=、女子ホープスで矢野和佳子選手(12)=中筋小6年=が準優勝した。このほか、6選手が3位に入賞した。  小畑代表は「もう一歩のところで優勝を逃した選手もあり、全体に力を出し切れなった。さらに練習を重ね優勝をめざしてほしい」と話していた。  3位に入賞した選手は次の通り。  ▽男子ホープス=西村航大(新舞鶴小)▽同カブ=古田敬悟(中筋小)▽同バンビ=内藤雅明(新舞鶴小)倉啓太(中筋小)▽女子カブ=内藤沙織(新舞鶴小)椋本早紀(中筋小)

写真=優勝など上位入賞した一条卓球の選手たち

【舞鶴】