阪神タイガースOBの川藤さん 11月4日、市民会館で「野球人生語る」講演会 【舞鶴のニュース】

阪神タイガースOBの川藤さん 11月4日、市民会館で「野球人生語る」講演会 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2002年10月25日

0210252

 阪神タイガースOBで、プロ野球解説者の川藤幸三さん(53)の講演会「一振にかけた我が野球人生~浪速の春団治が語る~」が、11月4日午後6時から舞鶴市北田辺の市民会館で開かれる。入場無料。
 講演会は、市内の青壮年の事業者や勤労者でつくる鵬信会(高田茂樹会長)の主催。同会は舞鶴信用金庫を母体に、会員相互の親ぼくを図るとともに、舞鶴の経済発展と地域社会に寄与することを目的に活動を続けている。今回は、同会の創立30周年記念事業の一環として開催する。
 川藤さんは、福井県美浜町出身で、若狭高校を卒業して、昭和42年にドラフト9位で阪神タイガースに入団した。同49年のシーズンは106試合に出場、シーズン最多犠打、チーム最多盗塁を記録した。しかし、その後は故障に泣かされ、同51年から代打として活躍した。
 昭和60年に、阪神タイガースの21年ぶりのリーグ優勝に貢献。翌61年に監督推薦でオールスター戦に初出場して、この年に現役を引退した。現役通算成績は、771試合出場、打率2割3分6厘、16本塁打、108打点。
 
講演会の【問い合わせ】電話76・3111、舞鶴信用金庫本店内、鵬信会事務局。