野田・井川ペアが2年連続の全国大会 舞鶴ひまわりク、最多の5組10選手 【舞鶴】

野田・井川ペアが2年連続の全国大会 舞鶴ひまわりク、最多の5組10選手 【舞鶴】

投稿日時:2006年2月3日

0602032
写真=全国大会に出場するひまわりクラブの選手たち

ソフトテニスの舞鶴ひまわりクラブ(南部照一代表)の小学生選手たちが、1月28日、福知山市三段池体育館であった第5回京都府小学生ソフトテニス4・5年生インドア大会(府小学生ソフトテニス連盟主催)で、五組がベスト4に入り、全国大会の出場を決めた。全国大会に出場するのは、5年生男子の部で優勝した野田和明(中筋小5年)・井川佳祐(同)組、同3位の藤田緑(倉梯第二小5年)・原田雅也(三笠小5年)組、4年生以下男子の部3位の井上侑(高野小4年)・神社峻広(新舞鶴小3年)組、同女子の部3位の中沢茉那(中筋小4年)・馬場いつみ(明倫小4年)組と石角唯花(余内小3年)・濱田裕里奈(倉梯第二小3年)組。野田・井川組は、2年連続の全国大会出場。昨年は予選リーグで2位となり、2位トーナメントでは初戦で敗退しているため、両選手は「予選リーグを1位で突破して、1位トーナメントで出来るだけ勝ち進みたい」と話している。全国大会は、3月29日~同31日、千葉県白子町で開催される。舞鶴ひまわりクラブは、上安久の文化公園体育館で、月に10日練習会を開催しており、現在クラブ員は男子13人、女子20人。これまでも全国大会に多くの選手が出場しているが、今回の5組10人は最多という。