西高ソフトテニス部 男子個人戦 藤田選手、井川選手組 筋トレでパワーアップ 悔いのない試合めざす【舞鶴】

西高ソフトテニス部 男子個人戦 藤田選手、井川選手組 筋トレでパワーアップ 悔いのない試合めざす【舞鶴】

投稿日時:2012年7月20日

1207202

 ソフトテニス競技に出場するのは、西舞鶴高ソフトテニス部の藤田緑選手(17)と井川佳祐選手(17)=ともに3年=のペア。2人は、小学生時代に「舞鶴ひまわりクラブ」で一緒にプレーした仲間。小、中学校とも学校は違ったが、高校で一緒になり、全国高校総体に初出場する。  昨年秋からペアを組み、初の公式戦となった秋の府大会でベスト32。冬の府インドア大会でベスト16に入り、両丹地区予選を免除され、6月2日に丹波自然運動公園コートで開催された全国高校総体府予選に出場。準決勝で優勝した西城陽高のペアに敗れたが、3位に入賞。上位6ペアに与えられる全国高校総体の出場権を得た。  藤田選手は「基礎練習に力を注いだ成果」、井川選手は「試合でコミュニケーションが図れた」ことが、全国高校総体出場の要因と分析。顧問の谷村郁子教諭は「冬場の筋力トレーニングでパワーアップし、ボールのスピードが増した」と話す。  全国高校総体では、藤田選手は「悔いのない試合をしたい」、井川選手は「1試合、1試合大事に戦い、自分たちの力を出したい」と話す。  ソフトテニス競技男子は、8月11日~14日、新潟市庭球場で開催される。

写真=ソフトテニスの藤田選手(左)と井川選手(右)