舞鶴文化教育財団のチアリーディングチーム 「チェリーズA」が西日本大会で2度目の金賞【舞鶴】

舞鶴文化教育財団のチアリーディングチーム 「チェリーズA」が西日本大会で2度目の金賞【舞鶴】

投稿日時:2009年3月31日

0903312

舞鶴文化教育財団のチアリーディングチーム「チェリーズA」が、このほど開かれた第15回西日本チアリーディング選手権大会のジュニアスター部門で、最高の金賞を受賞した。難易度の高い大技を決め、チアが盛んな京阪神のクラブチームを抑えて、1昨年に続いて2度目の金賞に輝いた。  同財団では2002年にチームを立ち上げ、幼児から中学生までの女子が週1回の練習に取り組む。同財団職員の高橋てる恵さんと松尾ユリカさんがコーチを務める。京阪神の都市部では高校・大学にチアサークルがあり、小・中学生のクラブチームも活動が盛ん。そんな中、子供たちと保護者、コーチが協力して厳しい練習に励む。  西日本大会には2度目の出場。今回は小学1年から中学2年までの17人でチームを結成した。難しいバストスやエクステーションピラミッドなどの大技をしっかり決め、18チームの中から金賞に選ばれた。松尾さんは「子供たちは主体的に賞を取ろうとがんばってきました。成長を感じ、いいご褒美になりました」と話す。4月から新チームで活動する。

写真=金賞に輝いた「チェリーズA」のメンバー(舞鶴文化教育財団提供)

【舞鶴】