舞鶴ジュニアの7選手が全国大会へ 小学生バドミントン近畿予選会で出場権【舞鶴】

舞鶴ジュニアの7選手が全国大会へ 小学生バドミントン近畿予選会で出場権【舞鶴】

投稿日時:2005年9月9日

0509092

第14回全国小学生バドミントン選手権大会近畿ブロック予選会(近畿小学生バドミントン連盟主催)が9月4日、大阪市中央体育館で行われ、舞鶴ジュニア勢の7選手が、12月22~26日、奈良県で開催される全国大会の出場を決めた。  予選会は、小学生男女の学年別(4、5、6年)シングルス、ダブルスで行われ、各種別の上位5選手が全国大会への出場権を獲得する。舞鶴ジュニア勢は府予選会を勝ち抜いた19選手が出場。男子では、4年シングルスと同ダブルスの3選手、女子では、4年と5年のダブルスの4選手の計7選手が5位以内に入り、全国大会に出場する。
 舞鶴ジュニア勢の結果は次の通り。
 【男子】4年シングルス=(2)清水智彦(新舞鶴)▽5年同=ベスト8江口侑輝(明倫)▽4年ダブルス=(3)小谷翔・常塚葵(岡田下、高野)▽6年同=ベスト8嵯峨根拓未・小谷諒(余内、岡田下)  
 【女子】4年シングルス=ベスト8高本悦子(吉原)▽4年ダブルス=(4)宮崎育子・山内佑美(高野)▽5年同=(5)嵯峨根実香・秋山侑香(高野)

写真=近畿ブロック予選会に出場した舞鶴ジュニアの選手たち