舞鶴ひまわりクの野田・井川組が全国大会へ 府小学生ソフトテニス選手権男子の部で優勝  【舞鶴】

舞鶴ひまわりクの野田・井川組が全国大会へ 府小学生ソフトテニス選手権男子の部で優勝 【舞鶴】

投稿日時:2006年5月26日

0605264
写真=府大会で優勝した野田・井川組(前列中央)と5位に入賞した選手たち

舞鶴ひまわりクラブ(南部照一代表)の野田和明選手と井川佳祐選手(ともに中筋小6年)のペアが、平成18年度京都府小学生ソフトテニス選手権大会(5月20日、丹波自然運動公園コートで開催)男子の部で優勝、7月27~30日、高知県で開催される全国大会に出場する。野田・井川組は、今年の冬に続いて2期連続3回目の全国大会出場。過去の成績は、予選リーグで2位となり、2位トーナメントで初戦敗退しているだけに、小学生最後の大会に向け、野田選手は「全力で戦いたい」、井川選手は「勝ち進んで上位をめざしたい」と抱負を話している。ひまわりクの選手たちは、京都府大会男子の部で、藤田緑選手(倉梯第二小6年)と原田雅也選手(三笠小6年)組、同女子の部で、中沢茉那選手(中筋小5年)と馬場いつみ選手(明倫小5年)組、吉田祐紀奈選手(明倫小5年)と千坂紗代選手(倉梯第二小5年)組の3組が5位に入った。この3組は7月8、9日、和歌山県で開催される近畿大会に出場する。