東舞鶴高校男子剣道部 予選会4位入賞で初の近畿大会へ【舞鶴】

東舞鶴高校男子剣道部 予選会4位入賞で初の近畿大会へ【舞鶴】

投稿日時:2013年1月29日

1301292

東舞鶴高校の剣道部男子が、全国高校選抜剣道大会の京都予選会で初の4位に入賞し、3月17日に赤穂市である近畿選抜大会への出場切符を初めてつかんだ。部員たちは春の近畿の舞台に向け、熱の入った稽古を積んでいる。
 昨年11月の新人大会でベスト4に入り、今年1月の予選会へ進んだ。4校リーグで初戦に龍谷大平安に0―1で惜敗したが、2戦目の花園に3―0で勝って勢いがつき、3戦目の大谷に3―1で勝ち2位通過。3位決定戦では久御山に0―4で敗れたが、初の4位を確保した。
 キャプテンの野元慶二郎君(2年)は「少ない部員の中、1人1人が精一杯できることに取り組んだ結果が出てうれしい。近畿選抜では大きな声を出し、東高の名前を知ってもらえるような剣道をしたい」と話す。顧問の葛田健二教諭は「キャプテンを中心にまとまりのあるチーム。自信を持って近畿に臨んでほしい」と励ます。
 出場選手は次の皆さん。
 先鋒=西田紫音(1年)▽次鋒=中岡二葉(2年)▽中堅=藤﨑大地(同)▽副将=野元慶二郎(同)▽大将=長山真也(1年)▽控え=大内裕弥(2年)、山﨑一弥(1年)

写真=東高剣道部の男子部員と顧問ら