本社など後援・第1回舞鶴小学生体操競技大会 42人が個人総合と種目別で演技競う  【舞鶴のニュース】

本社など後援・第1回舞鶴小学生体操競技大会 42人が個人総合と種目別で演技競う 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年10月17日

0310171

第1回舞鶴小学生体操競技大会(舞鶴体操競技実行委員会主催、舞鶴市民新聞社など後援)が10月13日、公文名の中筋小学校体育館で開催され、個人総合と種目別の優勝をめざして、選手たちが演技を繰り広げた=写真。
 毎週日曜日に中筋小体育館で開設されている中筋体操教室の指導者らを中心にした実行委員会(松本昭司代表)の主催。同教室で練習に励む小学生たちの練習の成果の発表の機会と、より一層の励みにと、初めて競技大会を開催した。
 出場選手は、上級の部(小学5、6年生)、下級の(同3、4年生)合わせて42人。跳び箱、床、鉄棒、トランポリンの4種目の規定演技を行い、得点を競った。選手たちは、張り詰めた雰囲気のなかで、真剣に演技を行っていた。
 個人総合の結果は次の通り。
 ▽上級の部=(1)船本あかり(中筋小6年)39・15点(2)柴田ちなみ(同6年)38・75点(3)村上芽理(同6年)38・40点▽下級の部=(1)高田珠利(同3年)38・25点(2)佐々木亜美(同4年)37・10点(3)笹倉優希(同4年)36・35点