憧れの元プロ野球選手が小学生指導 日本ハム「ジュニア野球教室」【舞鶴】

憧れの元プロ野球選手が小学生指導 日本ハム「ジュニア野球教室」【舞鶴】

投稿日時:2005年11月29日

0511292

プロ野球の北海道日本ハムファイターズ「ジュニア野球教室」(さとう、日本ハム主催)が11月27日、伊佐津の西運動広場で行われた。市内の少年野球14チームから小学生210人が参加、憧れの元プロ野球選手から指導を受けた。ファイターズが、野球の振興とファン獲得のため、全国各地で開催している教室。近畿北部をエリアとするスーパー「さとう」と同球団の親会社日本ハムの主催で、舞鶴では初めて開かれた。野球教室では、ファイターズなどで活躍した元プロ野球選手で、現在は同球団職員の白井康勝さんと荒井昭吾さんが、コーチを務めた。投手だった白井さんが、キャッチボールでボールの握り方、投げ方、打撃練習では、内野手だった荒井さんが、バットの振り方などを1人1人にアドバイスした。指導を受けた南舞鶴スポーツ少年団の遠藤凌君(11)=倉梯小6年=は「自分の良い点や悪い点を教えてもらった。うれしかった」と喜んでいた。選手たちは、この後、伊佐津川河川敷で開かれた「バーベキューパーティー」を楽しんだ。

写真=バットの振り方を指導する荒井さん