強豪苦しめ 秋季準優勝 マリンガール・キッズ 府ソフトボール小学生大会で【舞鶴】

強豪苦しめ 秋季準優勝 マリンガール・キッズ 府ソフトボール小学生大会で【舞鶴】

投稿日時:2011年11月1日

1111012
写真=準優勝したマリンガール・キッズの選手たち

舞鶴学童女子ソフトボールクラブの小学生チーム「マリンガール・キッズ」が、このほど宇治市で開かれた知事杯争奪第30回京都府小学生秋季ソフトボール大会で、準優勝に輝いた。  同チームは春の大会で3位になり、結成11年目で初の近畿大会にも出場した。6年生部員が9人と選手層も厚く、攻守にバランスのとれたチームになっている。  秋季大会で、同チームは初戦を宇治メッツに10―0で3回コールド勝ちし、準決勝は春に負けた宇治田原ビューティーズに2―1で雪辱を果たした。決勝は全国大会でベスト4のホワイトビッキーズと対戦、3―1で惜敗した。  鈴木次郎監督(72)=白浜台=は「試合はこちらが押していたがチャンスであと1本が出なかった。負けは悔しいが強豪を苦しめることができ、選手たちには自信になった」と話す。部員を募っている。親のつきそい当番など負担も少なく気軽に参加をと呼びかける。練習は毎週土・日・祝日。和田の専用グラウンドで。

【問い合わせ】電話62・4607、鈴木さん