市長旗全舞鶴少年野球 本社など後援 舞鶴東スポ少(学童上級の部)が 3回目の優勝 中筋少年野球ク(少年の部)は 4回目【舞鶴】

市長旗全舞鶴少年野球 本社など後援 舞鶴東スポ少(学童上級の部)が 3回目の優勝 中筋少年野球ク(少年の部)は 4回目【舞鶴】

投稿日時:2011年8月9日

a5b2853a4b4a136c136c0db7e79b928e
写真左=舞鶴東スポ少
457732f7dedd3ec4bdcc3c7004a0ed3a
写真右=中筋少年野球ク

第22回市長旗全舞鶴少年野球選手権大会(舞鶴野球連盟主催、舞鶴市民新聞社など後援)は8月7日、行永の舞鶴球場などで、学童上級と少年の部の準決勝、決勝が行われ、学童上級は、舞鶴東スポーツ少年団が4年ぶり3回目、少年は中筋少年野球クラブが13年ぶり4回目の優勝を果たした。  学童上級の決勝は、舞鶴東スポ少が、池内少年野球クに2点を先制された。しかし、同点に追いつき、さらに1点リードしたものの追いつかれた後、3―3の同点から3連打で2点を奪い逆転勝ちした。  少年の部の決勝は、中筋少年野球クが序盤から得点を重ね、4―0とリードした。しかし、志楽シャークスの粘りで同点に追いつかれた後、3点を奪って突き放した。  試合後、表彰式があり、舞鶴野球連盟の倉橋貢会長が、優勝した舞鶴東スポ少と中筋少年野球クに市長旗と舞鶴市民新聞社杯、準優勝の池内少年野球クと志楽シャークスに盾を贈り、厳しい暑さの中での選手たちの健闘をたたえた。  学童下級の部は、8月20日に1、2回戦、28日に準決勝、決勝が東舞鶴公園陸上競技場で行われる。
 6日の少年の部1回戦を含めた結果は次の通り。
 【学童上級】準決勝=舞鶴東スポ少4―2明倫ヘッピリーズ、池内少年野球ク6―4余内少年野球ク▽決勝=舞鶴東スポ少5―3池内少年野球ク  【少年】1回戦=中筋少年野球ク5―1南舞鶴スポ少、舞星野球ク4―3与保呂スポ少、志楽シャークス4―1高野ドジャーズ、舞鶴東スポ少3―2鶴友ク▽準決勝=中筋少年野球ク2―1舞星野球ク、志楽シャークス7―6舞鶴東スポ少▽決勝=中筋少年野球ク7―4志楽シャークス