岩井、岡本両選手 レスリングで舞鶴盛り上げを 全国社会人オープン出場へ【舞鶴】

岩井、岡本両選手 レスリングで舞鶴盛り上げを 全国社会人オープン出場へ【舞鶴】

投稿日時:2014年11月18日

1411182

今月設立されたばかりの舞鶴レスリングクラブに所属する岩井康輔選手(29)と岡本裕選手(36)が、11月22、23日に神奈川県逗子市で開かれる第31回全国社会人オープンレスリング選手権に出場する。2人はレスリングで舞鶴を盛り上げたいと臨む。
 フリースタイルを専門とする岩井さんは京丹後市網野町の出身。網野高のレスリング部時代に、高校総体(インターハイ)63キロ級や国体で優勝するなどした。山梨学院大ではけがをし、全日本大会でベスト8に入った。
 しばらく競技から離れたが、2009年の社会人オープンで準優勝。今春からミズノスポーツサービスの職員となり東体育館に勤務し、子供たちにレスリングを指導している。
 岡本さんは京都市出身。高校時代にJOCの大会で2位、同志社大では西日本大会3位に。卒業後は同大でコーチを続けたが大会から離れ、30歳を過ぎて再出場し、13年の全日本マスターズで優勝した。今春から由良川小学校教員として勤務し、舞鶴市レスリング協会の教室を手伝う。今大会にはフリースタイル74キロ級、グレコローマン75キロ級に出場する。
 2人は「クラブができて初の大会なので身が引き締る。来年舞鶴で開かれるインターハイのレスリング大会に向け、弾みになるようがんばりたい」と話している。

写真=出場する岩井選手(左)と岡本選手