城北中ソフトテニス部・女子 団体戦と個人戦で「近畿選抜インドア大会」へ 【舞鶴】

城北中ソフトテニス部・女子 団体戦と個人戦で「近畿選抜インドア大会」へ 【舞鶴】

投稿日時:2008年12月16日

0812162

城北中学校(田中正信校長)のソフトテニス部女子選手が、1月5、6日、滋賀県長浜ドームで開催される近畿選抜インドア大会の団体戦と個人戦に出場する。11月の府新人大会で、団体戦で準優勝、個人戦で1組がベスト8に入り出場権を獲得した。  団体戦に出場するのは、石角悠花選手・猪野祥子選手組▽嵯峨根里茄選手・前田千晶選手組▽岩野真子選手・梅田菜緒選手組▽吉田祐紀奈選手・馬場いつみ選手組。馬場選手だけが1年生で、他の選手は2年生。吉田・馬場組は個人戦にも出場する。  府新人大会では、準々決勝で京都光華中に2ー0で勝ち、近畿大会出場枠のベスト4入りを決めた。準決勝では、城陽中に2ー1で勝ち、決勝は桂中に0ー2で敗れた。個人戦の吉田・馬場組は、今年秋からペアを組み、ベスト8入りを果たした。  主将を務める石角選手は「団体戦では、自分たちの力を十分に出して、悔いのない試合をしたい」。また、個人戦に出場する吉田選手は「1つでも多く勝ちたい」、馬場選手は「自分の力を出し切りたい」と話す。  顧問の木下真吾教諭は「上位をめざしてベストを尽くしてほしい」と期待している。

写真=近畿選抜インドア大会に出場する女子選手と顧問の木下教諭

【舞鶴】