井上選手(東高)らが優勝など大活躍 近畿高校定通制陸上競技で【舞鶴】

井上選手(東高)らが優勝など大活躍 近畿高校定通制陸上競技で【舞鶴】

投稿日時:2005年11月18日

0511181
0511182

第41回近畿大会高等学校定時制通信制課程体育大会陸上競技が、このほど尼崎市の尼崎記念公園陸上競技場で開かれた。東舞鶴高校浮島分校の3年、井上拓磨選手が男子走り幅跳びで優勝、同校1年の嵯峨根裕希選手が女子走り幅跳びで準優勝した。2人とも自己ベストを更新。また、西舞鶴高校通信制の2年、大江佑樹選手が男子砲丸投げで優勝、走り幅跳びで3位だった。大江君は今年、全国、近畿、京都大会と全て優勝で飾った。夜間定時制の同分校からは、京都府大会で上位入賞した6選手が近畿大会に7種目で出場。和田中で陸上部だった井上君は、仕事が早く終わった日は練習環境が整う東高本校で練習したり、午後9時の授業終了後に神社の階段で走り込むなどした。京都府大会では2位、近畿大会では昨年の優勝者の記録を超える5メートル90で優勝。井上君は「目標の6メートルに近づけた。次は超えたい」と話していた。嵯峨根さんは城北中陸上部時代に砲丸投げで全国大会に出場した。仕事を終えて登校し練習できない中、京都大会で優勝し、近畿大会では4メートル50で2位。嵯峨根さんは「自己ベスト更新はうれしいけれど、1位とは8センチの差だったので悔しい。分校で練習場があれば、夜に練習に取り組みたい」という。夏の全国大会砲丸投げで優勝した大江君は、京都大会と近畿大会でも優勝した。

写真左=男子走り幅跳びで優勝、女子走り幅跳びで準優勝の表彰状を手にする東高浮島分校の井上君と嵯峨根さん
写真右=男子砲丸投げで全国、近畿、京都大会と全て優勝で飾った西高の大江君