ソフトテニス「舞鶴ひまわりクラブ」の 小学4・5年生の3ペア全国大会へ  【舞鶴のニュース】

ソフトテニス「舞鶴ひまわりクラブ」の 小学4・5年生の3ペア全国大会へ 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年1月28日

0301282

小中学生のソフトテニスクラブ「舞鶴ひまわりクラブ」(野田幹夫代表)の3ペアが、京都府小学生4・5年生のインドア大会で、ストレート勝ちで優勝をするなどの活躍をし、3月に千葉県で開催される全国小学生大会に出場することが決まった。全国大会でも力を出し切ろうと練習に取り組んでいる。
 府インドア大会の4年生以下女子の部で、余内小4年の石角彩花さん(10)=天台新町=、同4年の海老原智絵さん(同)=清美が丘=ペアが優勝。同5年女子の部で、倉梯第2小5年の文字朋子さん(10)=行永=、中筋小5年の野田汐莉さん(同)=七日市=ペアが3位、同5年生男子の部で、倉梯第2小5年の竹中亮介君(11)=行永=、新舞鶴小4年の関小田幸大君(10)=市場=ペアが2位に入った。3位以上が全国大会へ出場できる。
 石角・海老原ペアは4戦すべて3-0のストレートで勝ち進んだ。有効なサーブが決まり、ボールを相手コートに深く打ち込むことが好調につながった。男子では2位は初めてで、野田代表は「男子も次第に力をつけてきた」という。
 石角さんと海老原さんは「府大会では自分たちのペースでプレーできました。昨年の全国大会では3回戦で負けたので今年はそれを上回りたい」、全国大会が初めての竹中君と関小田君は「一つ勝ちたい」と話していた。
写真は府小学生4・5年生インドア大会での賞状を手にする3ペア6人