スポーツタイマーと 陸上競技用スパイク 阪神・杉山投手が母校の倉梯小に寄贈【舞鶴】

スポーツタイマーと 陸上競技用スパイク 阪神・杉山投手が母校の倉梯小に寄贈【舞鶴】

投稿日時:2004年12月21日

0412212

 プロ野球阪神タイガースの杉山直久投手(23)から12月20日、母校の倉梯小学校(中井章夫校長、440人)=行永=に、スポーツタイマー1台と陸上競技用スパイク13足(合計30万円相当)が寄贈された。全校集会で披露され、児童たちは「杉山投手のように夢を叶えたい」と、希望に胸を膨らませていた。杉山投手は、昨年12月24日、同校の創立130周年を記念した「ようこそ先輩」の行事に出席。児童たちから千羽鶴や励ましの言葉を受け、「プロ初勝利をあげたら倉梯小にプレゼントします」と約束した。今シーズンは2勝をあげて、児童たちの励みになるスポーツ器具を贈った。全校集会には、自主トレーニングに励む杉山投手に代わって父親の市職員、明美さん(58)が出席。杉山投手からの「夢に向かって努力することを心掛けて、学校生活を送ってほしい」とのメッセージを読み上げ、タイム計測やゲームタイムを表示するスポーツタイマーと、陸上競技のスパイクを披露した。

写真=杉山投手からの寄贈品を披露する父親の明美さん(左)