ジョー・岡田さんの一番弟子ナイトさん(米国) 3度目の来鶴で昇段試験と新たに「なぎなた」修得 【舞鶴のニュース】

ジョー・岡田さんの一番弟子ナイトさん(米国) 3度目の来鶴で昇段試験と新たに「なぎなた」修得 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2002年6月25日

0206252

居合道を学びたいと2年前、サムライショーを演じるジョー・岡田さん(本名・岡田逸雄、73歳)=舞鶴市余部下=に、米国から弟子入りしたフロリダ州オーランド市在住の武道家、ブラッドレー・ナイトさん(32)が、3度目の来鶴をした。過去サムライの技を伝授され、全日本戸山流居合道の初段をとった。今回は再び岡田さんから特訓を受けたほか、昇段試験となぎたなの修得に挑戦した。
 ナイトさんは10歳のころ、宮本武蔵の映画を見て日本の武道に関心を持った。現在は空手3段の武道家として、150人の弟子を指導。空手以外の武道を学びたいと思っていたところ、観光ガイドの岡田さんのホームページを見た。岡田さんは真剣による空中リンゴ切りなどのショーをし、海外にも招かれている。そんなサムライに引かれ一番弟子となった。
 昨年5月の2度目の来鶴では、戸山流の大橋剣心さんらから居合術の指導を受け、初段に合格。審査員からもそのセンスと熱意が絶賛された。また、これまでのお世話になったお礼にと、岡田さん夫妻はナイトさんから米国に招かれ、同年6月末からナイトさんの道場で生徒らに指導した。
 来日した6月21日、さっそく新しい武術を身につけようと、日星高校のなぎなた部の練習に参加した。京都国体で優勝した経験をもつ同部顧問の堀田和美さん(41)から、足の運び方を教わり部員らと手合わせをし、最後に空中リンゴ切りを披露。部長の2年生、松田美智子さんは「覚えがとても早い。気合で圧倒され、刺激を受けました」と驚いていた。
 ナイトさんは「なぎなたはこれまで習った棒術とも異なり考えていたより難しかった」と話していた。戸山流2段と岡田流4段の昇段試験にも合格、6月26日まで滞在する。