アテネ五輪陸上男子400メートル 山口選手励まそうと7月9日に壮行会 【舞鶴】

アテネ五輪陸上男子400メートル 山口選手励まそうと7月9日に壮行会 【舞鶴】

投稿日時:2004年6月25日

0406252

 8月に開催されるアテネ五輪の陸上男子400メートルに出場する舞鶴出身の東海大学3年、山口有希選手(20)を励まそうと、舞鶴市は6月22日、北吸の市役所本庁舎別館など10カ所に垂れ幕や横断幕を掲示した。市役所本庁舎別館では、作業員らが別館5階から幅1メートル、長さ12メートルの懸垂幕を掲示。作業を見守っていて江守光起市長や市職員らから拍手が起った。幕には「祝」の文字と、「明倫小、城北中出身、山口有希選手、アテネオリンピック出場」などと書かれている。垂れ幕と横断幕は、山口選手の母校の明倫小と城北中のほか、西支所、JR東、西舞鶴駅などにも掲示された。掲示期間は8月29日まで。また、山口選手の壮行会の開催も決まった。舞鶴市や市議会、市教委、舞鶴商工会議所、市体育協会などで構成する実行委員会(会長、河田友宏・舞鶴商工会議所会頭)が、山口選手を迎えて、7月9日午後6時半から北田辺の市民会館で開く。山口選手を激励するため、多くの市民の参加を呼びかけている。

写真=市庁舎別館に掲示された垂れ幕