アイエムスポーツ倶楽部所属の越後君(中筋小) 全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳大会へ【舞鶴】

アイエムスポーツ倶楽部所属の越後君(中筋小) 全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳大会へ【舞鶴】

投稿日時:2008年2月29日

0802291
【舞鶴】

中筋小学校4年でアイエムスポーツ倶楽部舞鶴所属の越後智行君(10)=七日市=が、3月27日から東京・辰巳国際水泳場で開かれる第30回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会で、10歳以下の50メートルバタフライ、200メートル個人メドレー、50メートル自由形の3種目に出場する。決勝レースでメダルを目指し、練習に取り組んでいる。  越後君は3歳から同倶楽部で水泳を始め、いまは水曜日を除き毎日トレーニングに励む。春と夏の2回あるジュニアオリンピックカップには、8歳から4回出場してきた。  昨年秋、京都での大会で、50メートルバタフライ33秒6、200メートル個人メドレー2分41秒4、50メートル自由形30秒7の標準記録をそれぞれ32秒、2分34秒、29秒と自己ベストで突破し、全国大会への出場権を獲得した。これまでの大会では決勝に残れなかったが、「練習は楽しく結果が出た時がうれしい。次は表彰台に上りたい」とし、メドレーのスピードをつける練習に重点を置いている。  コーチの平岡真さん(49)は「越後君の泳ぎはテンポがいい。平泳ぎが速くなればもっと上位を目指せる」と指導を続ける。

写真=「表彰台に上りたい」と話す越後君

【舞鶴】