ひまわりクの2ペアが近畿大会・全国大会へ 府小学生ソフトテニスで優勝と3位入賞 【舞鶴のニュース】

ひまわりクの2ペアが近畿大会・全国大会へ 府小学生ソフトテニスで優勝と3位入賞 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年6月20日

0306203

平成15年度京都府小学生ソフトテニス選手権大会が6月15日、福知山市の三段池体育館であり、小中学生のソフトテニスクラブ「ひまわりクラブ」(野田幹夫代表・舞鶴市)所属の女子の2ペアがそれぞれ優勝、3位となり、今月(6月)末の近畿大会と8月の全国大会への出場権を獲得した。
 優勝したのは文字朋子さん(倉梯第2小6年)=行永=と野田汐莉さん(中筋小6年)=七日市=のペア。ひまわりクラブの選手が優勝したのは、平成の15年間で9回目となり、圧倒的な強さを見せている。3位は石角彩花さん(余内小5年)=天台新町=と海老原智絵さん(同)=清美が丘=のペア。
 2ペアはともに予選リーグを全勝で勝ち上がった。決勝もストレート勝ちした文字さんと野田さんは「しっかり打てたのがよかった。全国大会は予選を突破したい」、石角さんと海老原さんも「決勝トーナメントに進出を」と話していた。
写真=府大会で優勝した文字・野田ペア(右2人)と3位入賞の石角・海老原ペア