「舞鶴・GREATS」の村上さんら5選手 第1回全日本ハイシニアソフトボール大会へ【舞鶴】

「舞鶴・GREATS」の村上さんら5選手 第1回全日本ハイシニアソフトボール大会へ【舞鶴】

投稿日時:2006年7月28日

06072831
写真=全国大会に出場する後列左から鈴木さん、前田さん、橋本さん、前列左から村上さん、坂さん

市内のソフトボールチーム「舞鶴・GREATS」の選手5人が、京都市内の選手らと合同チームを結成し、65歳以上による第1回全日本ハイシニアソフトボール大会京都府予選で優勝し、10月の全国大会への出場権を獲得した。5人は全国大会でも勝利をといまから張り切っている。  5人は外野手の村上徳治さん(70)=愛宕上町▽投手の鈴木次郎さん(67)=白浜台▽外野手の坂泰行さん(66)=余部下▽投手の橋本二千六さん(同)=北浜町▽外野手の前田俊治さん(65)=常新町。59歳からのシニアチーム「舞鶴・GREATS」メンバーで、これまで高齢者のねんりんピックにも出場している。  京都市内の「京都ビッグウエイ」のメンバーと合同チームを結成、「京都ビッグウエイ」のチーム名で7月23日に八幡市で開かれた府予選会に出場した。乙訓チームと対戦し、1回から3回までを橋本さん、続いて五回までを鈴木さん、最後6、7回をビッグウエイの選手が投げて、4-2で勝った。  第1回のハイシニア全国大会は10月13日~15日、鳴門市で開かれ、各都道府県の代表チームが集まる。橋本さんは「府予選前には1度しか合同練習ができなかったので連携が難しかった。10月まで何度か集まって練習し、最低でも2、3勝はしたい」と話している。

【舞鶴】