黒谷和紙協同組合 コロナ対応新素材の発表展示会

黒谷和紙協同組合 コロナ対応新素材の発表展示会

投稿日時:2021年2月19日

140a306e2b74ba3defb00db4de40efd5-e1617001505280
新素材の説明をする林理事

 平野屋の古民家ゲストハウス「宰嘉庵」で7日、黒谷和紙協同組合(綾部市)による新素材の発表展示会が行われた。
 「京都府コロナ社会対応ビジネスモデル創造事業補助金」を活用して、同組合が新たに開発した屏風や卓上パーティションなどが展示され、来場者らは興味深そうに新素材に見入っていた。
 会場には11種類の製品が展示された。同組合の林伸次理事長(51)は「通気性に優れ吸着性もある和紙からは、もともとマスクのような効果が得られる」と話す。今回は、着物などの撥水加工を得意とするパールトーン社(京都市)と連携し、更なる抗菌効果を持つ加工法を開発した。
 「コロナで疲弊する観光業界同様、私たちのような伝統産業に従事する者も厳しい状況になっている」と林さん。新素材を発表する場所を検討する中で、取引先の表具店を経営する福原習作さんに相談したところ、「宰嘉庵」を紹介された。
 製品の仕上げを担当した福原さんは、「新素材の加工は難しかったが、良いものが出来た。とても雰囲気の良い場所なので、来場者にも製品の良さを伝えやすい」と笑顔を見せた。
 コロナだからこそ開発が進んだ新素材が、宿泊施設の魅力を高められれば言うことない。「雨降って地固まる」。そんな前向きな展開を期待したい。
 【お知らせ】
 「宰嘉庵」では障子等のリニューアルを記念し、新生「古民家の宿 宰嘉庵」とした次の特別プランを用意。
 舞鶴在住者限定。1棟貸切プラン▽料金=1泊2万円(税込)※最大8人
 [予約・お問い合わせ]TEL:080・4686・9130 、宰嘉庵。