北近畿ではじめて  アパホテルが舞鶴に

北近畿ではじめて アパホテルが舞鶴に

投稿日時:2021年2月2日

e2818b3e1c7730a8c02d47e010460d1d-e1612847080664

 引土のホテル「プラザホテル舞鶴」が今春、「アパホテル西舞鶴駅前」(仮称)としてリニューアルオープンする。



*     *     *     *




 同ホテルを運営するNVFサービスは昨年12月、全国で約660のホテルを運営する業界大手のアパグループ(東京都)とフランチャイズ契約を締結。開業後は、北近畿で初めてのアパホテルとなる。
 同ホテルは鉄筋コンクリート造8階建てで、客室数は84。近隣の発電所を訪れるビジネス利用などで、宿泊数は順調に推移しているという。
 今回、ブランド力のあるアパホテルとなることで、より一層の集客につなげるねらい。
 市内には、昨年にも東地区に大型ビジネスホテルが開業。西舞鶴駅前の「舞鶴グランドホテル」も全面改装をし、旧さとう跡地にもホテル開業の動きがあるなど競争が激化している。