市民団体が 市議会に請願書提出

市民団体が 市議会に請願書提出

投稿日時:2020年9月15日

c54524e844fbcc03cebceaaa2c12a96d-e1601005353929
パブコメでも市民の関心の高さがうかがえた

 環境問題をテーマに活動する「エコネットまいづる」と、女性で構成される社会運動団体「新日本婦人の会舞鶴支部」が9日、舞鶴市議会に請願書を提出した。
 請願書の内容は、9月市議会で提案される「可燃ごみ収集手数料の値上げや清掃事務所へのごみ持ち込み料金徴収案等」の中止を求めるもの。
 両団体は請願の理由を、「①今回の値上げ等は市民生活を無視する暴挙。市民が苦しい時、少しでもその苦しみをなくしていくのが本当の地方自治体の役割ではないか②可燃ごみの値上げに加えて清掃事務所への持ち込み料金を新設することは、手数料の二重取りではないか③自治会役員に手当てを出して集積所での整理に当たっている自治会もあるが、市ではそのような実態を把握することもなく値上げを検討している。値上げありきの姿勢では、到底市民の協力は得られない④市では値上げ案についてパブリックコメントを実施。多くの意見が寄せられたが、取り上げない」とし、請願書の採択を求めている。