海自舞鶴地方総監部 伊藤総監  着任

海自舞鶴地方総監部 伊藤総監 着任

投稿日時:2020年9月4日

95cab0880cd6736ff994ec5f3c151508-e1601006417227
着任の伊藤総監を出迎える隊員たち

 海自舞鶴地方総監部で8月21日、大島孝二総監(58)の退職に際し離任式があった。慰霊碑に献花した大島総監は、大講堂での最後の訓示で「新総監のもと、一致団結し、舞鶴地方隊『力』を発揮し、海自舞鶴『ワンチーム』となって大いに輝いてもらいたい」と隊員らの活躍に隊の今後を託して、隊員が見送るなか、最後の任地である舞鶴を後にした。
 大島総監に代わって新しい舞鶴地方総監には伊藤弘海将(55)が就任。同月26日に同総監部で着任式が行われた。
 着任の訓示では、隊員約200人を前に「歴代総監をはじめ、指揮官並びに隊員諸君がこれまで築いてこられた輝かしい伝統を継承し、より素晴らしい組織としてこの舞鶴地方隊を後進に引き継ぐべく、変化に挑戦していく所存だ」と述べ、「諸君らの更なる活躍に期待すると同時に、この地で諸君らとともに今日から額に汗することを楽しみにしている」と激励した。
 伊藤総監は千葉県出身。第4護衛隊群司令、統合幕僚監部防衛計画部副部長などを歴任。2019(令和元)年は補給本部長を務めた。舞鶴での勤務は2度目となる。