河野防衛相 海自舞鶴地方隊視察

河野防衛相 海自舞鶴地方隊視察

投稿日時:2020年8月11日

1c737fdf67bcd532b8268217a025d7ba-e1599189901327
舞鶴地方隊隊員の出迎えを受ける河野防衛相

 河野太郎防衛相が2日、海上自衛隊舞鶴地方隊を視察するため来鶴、舞鶴地方総監部の大講堂で約140人の隊員らを前に訓示した。
 訓示に先立って河野防衛相は、同総監部にある殉職自衛官の慰霊碑に献花を行い、舞鶴弾薬整備補給所と部隊を視察、部隊では隊員らと懇談した。
 任務に励む舞鶴の隊員と身近に接した河野防衛相は訓示で「隊員ひとり一人に敬意と感謝を表したい」と述べ、「日本海側で唯一の総監部である舞鶴地区の諸君は、弾道ミサイル防衛に日々万全の体制で当たってくれている。昨年の東日本台風での水中捜索や入浴支援など災害派遣においても重要な役割を果たし、国民の期待と信頼を確かなものにした」と高く評価。その努力に応え、任務遂行や営団生活に不自由のないよう生活環境改善に取り組むと表明した。
 また、「いざという時に自分の背中を預ける仲間に対するいじめ、パワハラ、セクハラを見逃してはならない」と強調、処分の厳罰化に言及し、時代の変化に合わせたルールの見直しにも取り組んでほしいと呼びかけた。
 河野防衛相は北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射や中国の急速な軍事力強化についてふれ「わが国の平和と安全は自らの双肩にかかっているという責任感をもって任務に精励してほしい」と激励した。最後に新型コロナウイルスのリスクは依然存在するとして「災害派遣で即応性を発揮できるよう、普段から高い意識をもって行動するよう心がけてほしい」と付け加えた。