特殊詐欺未然防止~舞鶴署が感謝状

特殊詐欺未然防止~舞鶴署が感謝状

投稿日時:2020年5月19日

140d8f0f0e23b060e47f312f3402b02d-e1590727182212
感謝状を手にする長谷川さん夫妻
875c64a0b186ac91b5d2b10fc047f403-e1590727072784
吉岡幸生署長から感謝状を受け取る長谷川敬子さん

 特殊詐欺被害の未然防止功労者に対する感謝状贈呈式が13日、ミニストップ勘尻店(森町)で行われ、同店のオーナー長谷川博さん(65)と、従業員で妻の敬子さん(63)が、舞鶴警察署長から表彰された。
 4月6日の午後3時ごろ、60歳代の女性が15万円分のギフトカード(Webマネー)をレジで購入しようとした。対応した敬子さんは高額だったため、店舗マニュアルに従い、女性に特殊詐欺防止の観点から警察に立ち会ってもらうことを説明し承諾を得た上で同署に通報、未然防止に繋がった。
 同署の調べによると、福井県おおい郡に住むこの女性の元に、昨年12月ごろ「賞金3億円を受け取る権利」が当たったとのメールが届いた。女性は「3億円を手にするチャンスが失われる」「他人に権利が移ってもいいのか」と詰め寄るメールの送り主に要求されるがまま、引き返せなくなり、賞金受取手数料の名目で、すでに総額200万円を支払っていた。
 敬子さんは「以前、当店から被害が出たと噂されたことがショックで、努めて声かけをしていた。ちょっとした行動で、今回のように被害をとめることができるのだと実感した。」と話した。