舞鶴海保が武田さん表彰

舞鶴海保が武田さん表彰

投稿日時:2018年7月31日

bbc12195aed380e69893f0c63b3675d4-e1533191487919
表彰された武田恵美さん(前列左から2番目)

 11年間にわたりプレジャーボートの事故防止に貢献したとして、舞鶴海上保安部は13日、武田恵美さん(56)=野原=を表彰した。
 武田さんと夫の茂雄さん(62)は、平成19年から野原海海水浴場の駐車場の維持管理をしてきた。同所から出港するプレジャーボートの船長に対して、地域特有の気象変化や海域の特性についてアドバイスしたり、気象状況の悪化が予想される場合には、説得して出港を止めさせてきた。
 平成30年度の上半期で、武田さんのアドバイスを受け、47隻のプレジャーボートが出港を思い留まったという。
 また、出港者の携帯番号を聞き、帰港が遅いと連絡し、無事の確認をしたり、実際に海難事故にあったミニボートの写真を掲載した啓発ビラの配布。啓発の看板を立てるなど海難防止のボランティア活動を続けてきた。
 表彰式は下福井の港湾合同庁舎で行われ、辻久智・海上保安部長が「海の恐さを知らない人が、遊びたい一心でやってくるなか、駐車場という一点に集まる場所で指導してもらえることは大変有効。また、声をかけてもしょうがないと諦める方もいるなか、しっかりと説得して頂き大変ありがたい」と感謝の言葉を述べた。
 武田さんは「こんな立派な表彰をしてもらい驚いた。野原で死亡事故を起こしたくないという思いで長年やってきた。これからもできるだけ続けていきたい」と話した。