西脇知事 被災地を視察

西脇知事 被災地を視察

投稿日時:2018年7月13日

25f441b4fab6b2824d11d56a66a8db9e-e1533183439765
被災状況の説明を受ける西脇知事

 これまでにない規模で列島に大きな被害をもたらした西日本豪雨。各地で豪雨は収束し、梅雨明け宣言もなされたが、災害の爪痕の深さは次第に明らかになっている。当地でも、大きな被害が次々に報告されている。
 西脇隆俊京都府知事は9日、府内各地を視察し、舞鶴市内では城屋地区と堀上地区を訪れた。
 城屋地区では、土砂の除去作業中に行方不明となった60代男性の捜索が、この日も続けられていた。
 翌10日には舞鶴港第2ふ頭東側の海上に遺体が浮いているのを、海自のダイバーが発見。その後の調べで、遺体はこの行方不明男性であることが確認された。(関連記事3面)
 西脇知事は、城屋地区での捜索活動についての説明などを受け、「すごい土砂の量で、被害の大きさを改めて実感する」と述べ、「一日も早い救助を願っている」と祈るように話した。
 その後、毎年のように浸水被害が発生する堀上地区を訪れ、「対策に着手している中での水害発生は残念。市ともしっかりとスピード感を持って連携していきたい」と話した。