中尾新総監 就任

中尾新総監 就任

投稿日時:2017年12月26日

19916f2ffbbc5b4e6420d7d4566b461c-e1515114711451
「風通しの良い隊風を」と話す中尾総監

 海上自衛隊の新しい舞鶴地方総監に中尾剛久海将(54)が就任した。21日に舞鶴地方総監部で着任式があった。
 着任訓示では隊員約130人を前に「隊員諸官にはそれぞれの役割がある。今の立場でなすべきことは何かを常に自問自答してもらいたい」と激励した。
 中尾総監は鹿児島県出身。海上幕僚監部で装備需品課長、総務部長を歴任した。平成25年から同27年には第4術科学校の校長も務めた。
 記者会見では「日本海側をエリアとして担当する舞鶴で北朝鮮の情勢は非常に厳しい。それらの対応と部隊に対する支援が一番大切だと思う。緊張感を持ちながら、任務に取り組みたい」 としたうえで「そんな中でも明るい、風通しの良い隊風をつくっていきたい。チームで仕事をする必要があり、連帯感を持つ部隊になるよう指揮していきたい」と抱負を述べた。