恒例の鎧武者行列など多彩に 5月26日、まいづる田辺城まつり 【舞鶴のニュース】

恒例の鎧武者行列など多彩に 5月26日、まいづる田辺城まつり 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2002年5月10日

0205103

第11回まいづる田辺城まつり(同実行委員会主催)が5月26日、南田辺の舞鶴公園一帯で催される。恒例の鎧武者行列やチビッコ武者行列、町内太鼓などの西市街地巡行のほか、人気キャラクターショーなど多彩な催しが繰り広げられる。
 田辺城まつりは、田辺城城門の復元を期に、旧城下町の西舞鶴の活性化を図ろうと、平成4年から始まった。田辺城主・細川忠興の上杉征伐中の慶長5年(1600)に、細川幽斎が城を守り抜いた「田辺籠城戦」を模した武者行列など、毎年時代絵巻を再現したまつりとなっている。
 田辺城まつりは、午前10時に相愛保育園児の「相愛太鼓」でオープニング。堀和義実行委員長の開会宣言があり、明倫小学校のマーチングバンド演奏、中筋小学校体操教室のトランポリン演技、舞鶴つばさ連とクレインズ舞の阿波踊りと和太鼓がある。午前11時半と午後3時からは、堺鉄砲研究会の稲富流古式砲術が公開される。
 正午と午後2時半から忍者戦隊「ハリケンジャー」ショーがあり、午後1時に鎧武者行列などが田辺城門を出発、西市街地を練り歩く。このほか、舞鶴市民吹奏楽団の演奏、チビッコ大合唱、町内対抗綱引きなど内容は盛りだくさん。
 また、舞鶴観光協会の物産展、ポリテクカレッジ京都の染色プリントシャツの実演即売、関西電力のアルミ空き缶3個と引換えに苗木プレゼントがあるほか、野点茶席も設けられる。
 雨天の場合は、市民会館で主な催しがある。