アカペラで被災地支援 クリスマスコンサート 12月18日、市政記念館 収益金、NPOへ【舞鶴】

アカペラで被災地支援 クリスマスコンサート 12月18日、市政記念館 収益金、NPOへ【舞鶴】

投稿日時:2011年12月9日

1112092

写真=コンサートのチラシ

東日本大震災の被災地の復興を歌声で支援しようと、舞鶴倶楽部が12月18日午後2時から北吸の市政記念館で、アカペラのクリスマスコンサートを開催する。舞鶴や近隣の3グループが出演する。来場を呼びかけている。  同倶楽部は、これまでチャリティー食事会などの収益金を被災地支援に役立ててきた。今回も収益金を被災地で支援を続けるNPO法人難民を助ける会に寄付し、支援物資や活動などに活用してもらう。  アカペラは楽器を使わずに人の声だけで曲を演奏する奏法で、ポップスやジャズなど様々な曲が歌われている。舞鶴から出演するのは「The Last Order」。職場や幼なじみの仲間6人で結成し、2006年には豊岡のアカペリンピックで優勝した。神戸などのイベントにも出演し、福祉施設で慰問コンサートもする。被災地へのエールを込めたオリジナル曲を歌う。  このほか、福知山の「CINQ」、豊岡の「elfish」が出演する。前売りは1,000円(当日300円増し)。チケットは市政記念館内のカフェ「ジャズ」などで扱っている。

【問い合わせ】電話090・8886・9110、石井さん