「市花と緑の公社」設立1周年で ソメイヨシノを記念植樹  【舞鶴のニュース】

「市花と緑の公社」設立1周年で ソメイヨシノを記念植樹 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2002年4月30日

0204301

財団法人・舞鶴市花と緑の公社(梅原儀視理事長)が設立1周年を迎え、4月29日、多祢寺の舞鶴自然文化園で記念式典が催された。関係者らがソメイヨシノの植樹をした。
 同公社は緑化の普及啓発を図って、花と緑のまちづくりの推進のために作られた。元西武農場跡地を活用した同園でアジサイ展やツバキ展などを開くほか、四季の花畑計画に基づく事業やガーデニング教室などを実施している。昨年1年間で同園には約1万人が来園した。
 記念式典には関係者ら約100人が出席。梅原理事長が「心に安らぎを与える花と緑のまちづくりを進めてきたい」とあいさつした。続いて、ソメイヨシノ1本の植樹があり、江守光起市長や市民も加わってスコップで土をかけた。