「免許皆伝でござる!」

投稿日時:2018年10月26日

9f08145013c1d92fd9b8bf2b71dc4ba4-e1540871970369
「手裏剣の術」を披露する園児たち

 橘幼稚園(布目千晶園長)が9日、秋の恒例行事「忍者遠足」を田辺城跡がある舞鶴公園で行った。忍者になりきった園児たち48人が「手裏剣」や「竜巻の術」などの忍術を披露し、元気に体を動かしていた。
 忍者になりきった動きを組体操に取り入れて、楽しく運動してもらおうと20年以上前から続けている。1日に行われた運動会でも忍者組体操を披露した。
 毎年の忍者遠足での忍術披露が修了すると、園長先生から免許皆伝の奥義書を授与される。
 この日、男子は黒の忍者衣装、女子は赤の忍者衣装を身にまとい舞鶴公園へ、全員が円状に走り竜巻を起こす「竜巻」や、腕立ての状態で足を後ろの忍者の肩に置き一本の橋をつくる「一本橋」など4つの忍術を披露。園児たちは元気いっぱいに練習の成果を発揮していた。
 「手裏剣」では、家で作ってもらった大きな手裏剣を飛ばして飛距離を競っていた。
 矢田部真央さん(6)は「一本橋の術が上手にできた。早くて強い忍者になりたい」と満足そうだった。
 園児たちは先生から免許皆伝の巻物を受け取ると「ありがとうでござるー!」と元気にお礼を述べていた。