平和への願い届け~引揚記念館「七夕イベント」

平和への願い届け~引揚記念館「七夕イベント」

投稿日時:2019年7月5日

6489fac83cecd22284c3074c71b687d7-e1562913429287
笹に短冊を飾り付ける園児たち

 舞鶴引揚記念館(山下美晴館長)で2日、「七夕イベント~星に願いを~」が始まり、平こども園の児童たちが約4mの笹2本に、平和への願いを込めた短冊を飾り付けた。7日まで。
 イベントは、「七夕」を通して来館者や地域の子どもたちにメッセージを短冊に記し、平和について考えてもらおうと平成24年から始まった。
 この日は、園児ら28人が参加。NPO法人舞鶴・引揚語りの会のメンバーと一緒に、園児や大浦小、朝来小の児童が書いた短冊を笹の葉に飾り付けた。
 短冊には、「お母さんがいつまでも元気でいますように」など身近な願いから、「人々が幸せな毎日をおくれますように」「世界中が笑顔で平和でありますように」などと平和への願いが記されていた。
 同園の吉田蒼一朗さん(5)は「自分で笹にくくれてよかった。強くなれるようにお願いした」と話していた。
 笹飾りは館内入口付近に置かれ、来館者は短冊にメッセージを書くことができる。期間中にメッセージを書いた人には引揚記念館のオリジナル記念日が贈呈される。
 [お問い合わせ]TEL:0773・68・0836 同館。