認知症「知る」「体験する」~こころの健康フェスタ

認知症「知る」「体験する」~こころの健康フェスタ

投稿日時:2019年4月23日

6168a94fd196261763387ed4b62c0875-e1556268987994
バーチャルリアリティーで認知症を体験する参加者

 認知症予防について理解を深める「こころの健康フェスタ2019~地域で寄りそう認知症~」が3月31日、赤れんがパーク4号棟で開催された。公開講座や簡易健康診断、認知症VR体験などが企画され、多くの市民が訪れていた。
 東舞鶴医誠会病院とエスペラル東舞鶴が、認知症者の増加を背景に予防について理解を深めてもらおうと初めて企画した。
 公開講座では、石川雅裕院長が「今日からできる認知症予防」と題し講演。石川院長は「50代、60代の早い段階から予防をすることが重要」と強調。「記憶の低下や物忘れ、話の内容の取り違えなどは認知症予備軍の可能性があり、何もしなければ約60%が認知症になる」と話した。
 予防には「有酸素運動」が有効で、「10分~15分の運動で軽く息がはずむ程度」を「週3日以上行うのが効果的」と話した。また、「計算やしりとりをしながら運動することも効果的」と話した。食事では、予防に大切な9つの食材や緑茶やコーヒー、カレーなど予防に効く食べ物を紹介した。
 続いて、精神保健福祉士の拓殖(つげ)雄太さんが認知症者とその家族を支援する「認知症カフェ」を紹介。市内に5カ所あることや、誰でも参加できること、カフェでの活動内容などを説明し、「カフェでは自分のしたい事をしてもらい、達成することで自信に繋げてもらっています。興味がある方は一度見学してほしい」と話した。
 府北部で初めての実施となる認知症VR体験では30人が参加。360度が見渡せる仮想の世界で、自分自身が認知症者の視点になり、中核症状である視空間失認や幻視などを疑似体験した。ほとんどの参加者はVRが初めてで、リアルな体験に悲鳴を出す参加者もいた。体験後は参加者同士が感想を述べあい、理解を深めていた。