初代王将位に 坪倉さんと秋本さん

初代王将位に 坪倉さんと秋本さん

投稿日時:2018年8月3日

a6d1f422c0075e23ba0796a2f25f1cfe-e1533705843904
「高学年の部」入賞者たち
9eb10111dab3c46ca2b3c76af98e785a-e1533705855121
「低学年の部」入賞者たち
a018a58bcba002bb6f1ad0723636e12a-e1533705822706
44人の小学生が棋力を競った

 舞鶴市民新聞社杯「舞鶴こども王将戦」(舞鶴市民新聞社主催)の第一回大会が22日、城南会館で開催された。市内の小学生44人が参加し、棋力を競った。
 将棋の普及や小学生の棋力の向上にと、日本将棋連盟舞鶴支部の全面協力のもと初めて開催した。
 対局は「低学年の部」と「高学年の部」に分かれ、4人1グループで対局し2勝で予選通過。2敗で敗退。予選通過者はトーナメントで優勝に挑んだ。
 保護者らが見守るなか大会が始まると、会場には駒の音だけが鳴り響いた。
 初戦すぐに勝ちの手を上げ、勝利の笑顔で保護者に会いに行く子や、負けて泣き出し、涙を拭きながら悔しさをにじませる子もいた。
 高学年の決勝は倉梯小5年の坪倉順也さんと福井小5年の長水孝仁さん。相矢倉模様の本格的な一局で、中盤から坪倉さんの玉頭からの強烈な攻めで粘る長水さんを制し、初代「高学年の部・舞鶴こども王将位」を獲得した。
 姉の影響で小2から将棋を始めたという坪倉さんは 「長水君は強くて、勝ててよかった。でも、これで満足せずに、もっと強くなりたい」と目を輝かせた。
 低学年の決勝は、倉梯第二小2年の秋本慶翔さんと、
新舞鶴小3年の依田桜典さん。秋本さんは得意の攻めで突き通し優勝、初代「低学年の部・舞鶴こども王将位」を獲得した。
 秋本さんは「優勝できると思って、自信をもって対局した。決勝戦は危なかったけど、優勝できてうれしい」と笑顔を見せた。
 大会結果は次の通り。



〈高学年の部〉
優勝  坪倉順也
準優勝 長水孝仁
3位  吉田大悟
4位  山下大翔
〈低学年の部〉
優勝  秋本慶翔
準優勝 依田桜典
3位  岩崎煌汰
4位  田中基稀