3月末で休校の岡田中小の児童 4月から通学する岡田下小で学習交流会【舞鶴のニュース】

3月末で休校の岡田中小の児童 4月から通学する岡田下小で学習交流会【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年2月21日

0302212

舞鶴市久田美の岡田下小学校(林桂代子校長、71人)で2月18日、今年度末で休校となるため4月から同校に通学する西方寺の岡田中小学校(荻野隆三校長)の全校児童19人を迎えて、学習交流会が開かれた。両校児童たちは一緒にゲームを楽しんだり、学年別の学習を通じて、仲間意識を育んだ。
 岡田中小は、児童数の減少に伴い、地元から「切磋琢磨できる教育環境を」との要望が出され、3月末で休校することが決まった。児童たちは、4月から岡田下小に通学することになり、一日も早く新しい環境になれてもらおうと、両校児童の学習交流会が開かれた。
 両校の全校児童が参加した全体集会では、岡田下小6年の日置幸佑君(12)、岡田中小6年の千阪耕平君(12)の両児童会長が、それぞれ「楽しく交流して、友達になりましょう」とあいさつ。全員でドッジボールを模したゲーム「ドッジピー」を楽しんだ。
 続いて、各学年別に学習交流会も開かれ、岡田中小の児童たちが、各学年の教室で、岡田下小の児童と一緒に授業を受けた。学習交流会は、2月25日も行われる。
写真=ゲームで交流する両校児童たち