西高落語部など2団体1個人に 「舞鶴ユネスコ協会賞」 【舞鶴のニュース】

西高落語部など2団体1個人に 「舞鶴ユネスコ協会賞」 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2002年5月21日

0205212

教育や文化の振興に貢献した市内の個人や団体を表彰する「舞鶴ユネスコ協会賞」の第17回表彰式が5月18日、南田辺の西総合会館で開かれた。今回は西舞鶴高校落語部などの2団体、1個人が受賞した=写真。
 舞鶴ユネスコ協会(福嶋正美会長)が同協会賞を設置。教育賞、文化賞、体育賞の3部門がある。
 教育賞を受けた西高落語部(足立尚志部長、部員3人)は、平成8年に創部以来、福祉施設への慰問や舞台出演などに活躍してきた。文化賞を受けた城下町倶楽部は平成3年に結成し、田辺城城門のかがり火の催しや散策マップの作成など、城下町の歴史に対する啓発に務めてきた。
 同じく文化賞を受けた小川一郎さん(65)=引土=は、昭和38年に吟道神心流に入門し、同50年に西舞鶴教場、続いて東舞鶴教場を開設。全国大会の競吟の審査員を務めるなど指導と普及に取り組んでいる。
 表彰式では、福嶋会長が各団体の代表と小川さんに表彰状を贈った。