西高吹奏楽部 高野小を訪問 小学生と高校生の交流

西高吹奏楽部 高野小を訪問 小学生と高校生の交流

投稿日時:2016年7月22日

DSC07358
    ベルアップでの演奏
DSC07338
      指揮体験
DSC07363
     演奏会の様子

 高野台の高野小学校に7月13日、西舞鶴高校吹奏楽部63人が訪れ、演奏会を行った。
 この取組みはキャリア教育の一環で、同校に依頼し音楽を通じて小学校と高校が交流を深めるために企画されたもの。同小学校の井上憲正校長(57)は「初めての取組み。今後も書道など様々な交流を行っていきたい」と語った。
 今回、吹奏楽部員は「プリキュア」や「ワンピース」など小学生に人気のアニメソングなどを中心に演奏、子どもたちも音楽に合わせ一緒に歌いながら演奏を楽しんだ。特別コーナーとして指揮者体験も行われ、3人の子どもたちが「ちびまる子ちゃん」のキャラクターに扮した高校生たちに優しく指導を受け「おどるポンポコリン」の指揮を担当した。
 また同部の紹介では「木管楽器」、「フルート」、「オーボエファゴット」、「サックス」、「金管楽器」、「パーカッション」の各パートごとに楽器の特性を活かしたパフォーマンスを披露し吹奏楽の魅力を伝えた。
 同小学校を代表して6年生の魚住禅(ぜん)くんが感謝の言葉を述べ、それに対して同部の大田くるみ部長(18)は「私たちの代が初めての取り組みで緊張したが、子どもたちの元気いっぱいのあいさつと素直な反応でとても楽しめました」と笑顔で話した。
 同小学校の卒業生も多い西舞鶴高校。近所のお兄さん・お姉さんがいつも以上に格好良く見えたのではないだろうか。