舞鶴出身の版画家、田主さんが作詞・作曲 オオミズナギドリの歌、大浦小にプレゼント【舞鶴】

舞鶴出身の版画家、田主さんが作詞・作曲 オオミズナギドリの歌、大浦小にプレゼント【舞鶴】

投稿日時:2008年10月7日

0810072

舞鶴出身の版画家、田主誠さん(65)=茨木市=が、自ら作詞・作曲した「勇気を出して~オオミズナギドリによせて~」を大浦小学校(木下きく枝校長)にプレゼントし、10月6日、同校を訪れた田主さんの前で6年生20人が合唱をして披露した。  冠島でのオオミズナギドリ調査に同行した田主さんは、鳥たちが一生懸命に空を飛ぶ姿に打たれ、鳥や島の素晴らしさを歌で伝え、故郷に誇りを持ってもらおうと、冠島と関係する地域を校区にする大浦小に曲を贈った。苦手な木登りをして翼を広げて海面を滑降する姿を、約3カ月かけ2番までの歌詞にした。  6年生たちは鳥が風に乗って飛ぶように伸びやかな声で歌い、指揮をした田主さんを感激させた。6年の岡山歌穂さんは「私も勇気を出そうと思える曲です。最後を力強く歌えるようにしたい」と話していた。同校は10月23日の東地区の小学生音楽会で発表する。曲の楽譜の問い合わせは本社編集部の青木まで。

写真=田主さんの指揮で合唱する6年生たち

【舞鶴】